サイト内検索 施設検索等にご利用ください  >>検索の使い方
 
NST委員会内規
 
第1条 名称
  本委員会は、一般社団法人日本静脈経腸栄養学会NST委員会(以下委員会)と称する。
   
第2条 適用
  本委員会は、一般社団法人日本静脈経腸栄養学会(以下「本会」)委員会規則(定款第6章 第35条、定款施行細則第9章25条)に定められたことのほかは、この内規によって運営する。
   
第3条 目的
  本委員会は、栄養サポートチーム(Nutrition Support Team:NST)の普及と質の保証および向上をはかること、ならびに全国の各医療施設で適切な栄養管理や栄養療法実施の推進をはかることを目的とする。
   
第4条 事業
  本委員会は、前条の目的を達するために必要な事項を検討し、実施する。
   
第5条 委員会の構成
  委員会は、委員長及び委員をもって構成する。
  2.委員長は、委員会を代表し、委員会の業務を統括する。
  3.委員長は、委員の中から、指名によって副委員長を委嘱することができる。
  4.副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故があるとき又は欠けたときは、その職務を代行する。
  5.委員は、委員長とともに委員会を組織し、委員会の業務を執行する。
   
第6条 委員の任命
  委員は委員長により任命される。
 

2.各地域でのNST活動の適正化や活性化を促す目的で、各支部から推薦された代表を支部選出委員として任命する。

  3.支部選出委員は、本委員会事務局との連携のもとに、支部内のNST立ち上げ宣言を行った施設、NST稼動認定施設で、円滑なNST活動・運営が行われるように協力する。
   
第7条 招集等
  本委員会は、会議の目的とする事項を示して、委員長が招集する。
  2.委員会の議長は、委員長とする。
   
第8条 意義
  本委員会は、(1)NST活動の啓発、(2)質の保証・向上、(3)各医療施設での適正栄養管理や栄養療法の実施の推進・啓発、(4)NST活動や効果に関する情報交換、(5)収集されたNST活動の情報を診療報酬への反映や提言を目指すとともに、(6)全国のNST活動の状況や効果に関する発表の場を企画し、これを主催する。また、(7)各施設から得られた効果や問題点などの情報データを集積・解析し、さらに(8)これらのデータを把握した上で、将来的なNSTの普及・発展のための方向性についても検討し、全国への情報発信に寄与することを目的とする。
   
第9条 NSTの立ち上げを宣言した施設の登録
  本委員会は、全国のNST施設の把握、質の保証、情報交換の場を提供するために、NSTの立ち上げを宣言した施設の登録制度を設置し、その業務を運営する(以下、詳細は、NST立ち上げ宣言施設登録細則に記載)。
   
第10条 NST稼動施設の認定
  本委員会は、NST稼動登録施設に対し、NST稼動施設認定を実施する(以下、詳細は、NST稼働施設認定規則に記載)。
   
第11条 NSTフォーラムの企画、開催
  本委員会は、全国のNST活動の状況や効果に関する発表、意見交換の場として、NSTフォーラムを企画し、これを開催する(以下、詳細は、NSTフォーラム細則に記載)。
   
第12条 本委員会事務局
  本委員会事務局は、学会事務局内に設置する。
   
第13条 定足数等
  委員会は、委員会構成員現在数の過半数が出席しなければ開会することができない。ただし、事前の委任状提出を有効とし、出席者とみなす。
  2.委員会の議事は、出席者の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。
  3.本会の役員は、委員会に出席して意見を述べることができる。
   
第14条 その他
  本委員会の目的を遂行するために必要とされるその他の業務等は、委員会の合議のもとで実施する。
   
第15条 内規の変更
  この内規は、本会規約委員会との協議及び委員会の決議を経、かつ、理事会の承認を受けて変更することができる。
   
付則1  この内規は,平成25年12月20日から施行する。
付則2  この内規は、平成26年2月26日から施行する。

付則3  この内規は、平成27年2月11日から改定施行する。

付則4  この内規は、平成28年2月24日から改定施行する。
   
 
 
NST稼働施設認定規程
 
 

第1章 総則

第1条

一般社団法人日本静脈経腸栄養学会(以下、本学会)NST委員会(以下本委員会)は、NST立ち上げ宣言施設に対しNST稼動施設認定を実施する。

第2条

本認定制度は、本学会及び委員会の定める所定の条件を満たした施設を、NST稼動施設として認定するものである。

第3条

本委員会は前条の目的達成のため、本邦のNST活動を活性化するとともに、本邦の栄養療法のさらなる充実を実現するための諸制度を検討する。

 

 

第2章 NST稼働施設の認定

第1節 NST稼働施設の認定基準、手続きと期間

第4条

認定基準と方法
以下に記す基準を満たした施設に対して、NST委員会で認定の可否を審議し、結果を理事会に提出して、理事会での決定を仰ぐものとする。
 

第5条

認定期日と期間

NST稼動施設認定は、年1回実施され、5年毎に「日本静脈経腸栄養学会 NST稼動施設認定 更新基準」に基づき認定の更新が実施される。学会会計年度内のできるだけ早い時期に申請の募集を広報し、年度内に審議結果の判定を終了する。学術集会期の定例理事会で決定され、社員総会で前年申請施設に関する認定の合否が報告される。

NST稼働施設認定証の有効期間は、交付の日から5年とし、認定の継続を希望する場合は更新申請を要する。ただし、第3節の規定によりその資格を喪失した場合には、資格喪失の日を以て有効期間は終了する。
 

第2節 NST稼働の認定を申請する施設の資格

第6条

チームの登録

学会ホームページからの、NST立ち上げ宣言、NST継続報告を行っていることが必要で、必要に応じて内容を適宜、更新しなければならない。

NST立ち上げ宣言、NST継続報告を行うには、次の各号の資格を全て満足する施設であることを要す。
1) 施設長の許可のもとで運営・設立されていること。
2) 本学会が主催あるいは共催する医師教育セミナー(TNT講習会を含む)受講医師あるいは本学会学術評議員(医師)1名以上が常勤していること(修了書のコピーあるいは本学会評議員(医師)の氏名を提出)。この常勤医はチームの活動メンバーでない場合も認める。
3) 医師(必須)および各種メディカルスタッフのうち3職種以上が参加していること。
4) 代表者(医師)1名、および中心的スタッフ(コアスタッフ:職種は問わず)1名が学会会員であること。
5) NST委員会のメーリングリストに参加するため、代表者(医師)1名、または中心的スタッフ (コアスタッフ:職種は問わず)1名のE-mailアドレスを登録しなければならない。
6) 上記登録者は複数の施設を兼ねることはできない。
急性期病院、慢性期病院、長期療養施設などの施設区分は問わない。
参加に関して、活動範囲は全科型が望ましいが、まずは単科、少数の複数科での立ち上げでもその資格を有するものとする。
医師の条件として本学会学術評議員が認められるのは2017年2月の認定(2016年秋の申請)までとする。
 

第7条

NST稼働認定を受けるための資格

NST稼働施設認定の申請資格(新規、更新)は、次の各号の資格を全て満足する施設であることを要す。
1.新規施設認定基準
1) NST立ち上げ宣言、NST継続報告を行っている。したがって、E-mailアドレスの登録も条件となる。
2) 施設長許可のもとで運営・活動が実施されていること。
3) 活動メンバー:医師の参加は必須。
4) 看護師、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師などの各種メディカルスタッフのうち3職種以上の参加が必須【職種が分かる名簿及び活動メンバー全員の就業証明書を提出】(任意ではあるが、専門療法士取得者及び本学会主催の臨床栄養セミナー受講者の提示)。
5) 本学会が主催あるいは共催する医師教育セミナー(TNT講習会を含む)受講医師あるいは本学会学術評議員(医師) 1名以上が常勤している 【修了書のコピーあるいは本学会評議員(医師)の氏名及び就業証明書を提出】(チームの活動メンバーでない場合も認める)。
6) NSTの院内規約(チーム規約/委員会規約)を有する。
7) NSTによる毎週おおよそ10件以上の栄養評価の実施(年間実施数の提示)。
8) NST介入記録(栄養評価、検討内容、多職種の参加及び定期的な開始の記録が記載されているもの)の作成(代表症例1例について書類のコピー等を提出)。
9) NST回診:定期的な(週1回以上)病棟回診の実施(年間回診回数の提示)。
10) NST検討会:回診時の検討や別日程の会議を含む定期的な(週1回以上)チームで行う症例検討会の開催。
11) NST勉強会(全職員の教育啓発を目的とした勉強会や講演会などを指す)を定期的に実施(勉強会の年間実施回数を提示)。
12) コンサルテーション:随時対応。
 
医師の条件として本学会学術評議員が認められるのは2017年2月の認定(2016年秋の申請)までとする。
   
2.更新施設認定基準と更新の保留
1) 施設長許可のもとで運営・活動が実施されていること。
2) 活動メンバー:医師の参加は必須。
3) 看護師、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師などの各種メディカルスタッフのうち3職種以上の参加が必須【職種が分かる名簿及び活動メンバー全員の就業証明書を提出】(任意ではあるが、専門療法士取得者及び本学会主催の臨床栄養セミナー受講者の提示)。
4) 本学会が主催あるいは共催する医師教育セミナー(TNT講習会を含む)受講医師あるいは本学会学術評議員(医師)1名以上が常勤し、NSTスタッフとして活動していること【修了書のコピーあるいは本学会評議員(医師)の氏名及び就業証明書を提出】(チームの活動メンバーでない場合も認める)。
5) NSTの院内規約(チーム規約/委員会規約)を有する(規約のコピーを提出、新規申請時に存在した規約が消滅した場合は理由の説明が必要)。
6) NSTによる毎週おおよそ10件以上の栄養評価の実施(年間実施数の提示)。
7) NST介入記録の作成(代表症例1例について書類のコピー等を提出)。
8) NST回診:定期的な(週1回以上)病棟回診の実施(年間回診回数の提示)。
9) NST検討会:回診時の検討や別日程の会議を含む定期的な(週1回以上)チームで行う症例検討会の開催。
10) NST勉強会(全職員の教育啓発を目的とした勉強会や講演会などを指す)を定期的に実施(勉強会の年間実施回数を提示)。
11) コンサルテーション:随時対応。
12) 何らかの理由によって、基準を満たさない場合は、各支部選出委員が内容を調査し、結果を委員会に報告する。年度内の認定が困難な場合は、当該施設からの希望があった場合に、1年以内の認定保留期間を置く。基準を満たした場合には随時、委員会で審議し、更新可否の決定を理事会に申告し認定を受けることができるが、年度を超えた場合は認定が取り消され、次回からは新規の申請を要す。保留期間後に認定を受けた場合も、更新期限は延長せず、本来の更新から5年とする。
 
医師の条件として本学会学術評議員が認められるのは2017年2月の認定(2016年秋の申請)までとする。
 

第8条

申請提出先
1.

NST立ち上げ宣言、NST継続報告、内容修正

ホームページ(http://www.jspen.jp)のNST委員会ページから入力する。
2.

NST稼働施設を申請する施設は申請書類をホームページ( http://www.jspen.jp ) よりダウンロードの上、必要事項(第7条に前述)を記入して本委員会事務局に提出する。
申請書類提出先:
〒105-0012 東京都港区芝大門1-16-3 芝大門116ビル3階B
一般社団法人日本静脈経腸栄養学会NST委員会事務局

電話:03-5777-2314|FAX:03-3434-0567

第9条

認定証と認定料
1. 認定に合格した施設には、認定証を交付する。
2. 認定料は10,000円とする。
3. 認定証の再発行に関しては、3,000円を徴収する。
 

第3節 NST稼働施設認定の資格の喪失

第10条

資格喪失
NST稼働施設認定は、次の各号の理由により、本委員会の議を経て、その資格を喪失する。

  1. 正当な理由を付してNST稼働施設認定の資格を辞退したとき。
  2. 施設認定基準の活動が行えなくなったとき。 
  3. 資格喪失までの期間は認定期間として認められる。

第11条

認定取り消し
NST稼働認定施設としてふさわしくない行為があったときは、本委員会、理事会の議決によってNST稼働施設としての認定を取り消すことができ、過去の認定期間の承認についても審議される。

 

 

第3章 規程の変更、施行細則の制定

第12条

規程の改定
この規程は、本委員会および理事会の決議を経て、かつ、代議員会の承認を受けて改定することができる。また、施行細則、要綱についても同様の手続きを経て制定する。

第13条

補足
当面は本認定施設を第三者機関日本栄養療法推進協議会(Japan Council for Nutritional Therapy:以下JCNTとする)への登録施設とし、JCNT認定時には5,000円を補助する。今後、直接JCNTへの登録に移行することも考慮に入れ、それにともなう諸規則の変更は理事会、代議員会で調整し、承認を得ることとする。

 

 

付則
1.本規程は、平成25年12月20日より施行する。
2.本規程は、平成26年2月26日から施行する。
3.本規程は、平成27年2月11日から施行する。
4.平成28年2月24日一部改正